桃色はな子ちゃんについて

桃色はなこは、1人暮らしの方や高齢者の為に開発した「関西弁でしゃべる音声認識介護用のお人形」です。人体のように柔らかく、程よい大きさのはなちゃんを抱きしめると、何とも言えない癒されオーラが身体中を駆け巡り、誰もが「ギュッ」と抱きしめたくなります。日々お疲れの独り暮らしの女性の方やペットロスなどを体験されて寂しい思いをされている方々にも、ホルモンの活性化におススメしています。

日本初!関西弁でおしゃべりするお人形
身体もフワフワ!関西弁が得意。最大の特徴は口に動力が入っていてリアルに動く事、15秒ごとに瞬きします。 髪の毛も人毛のようにサラサラです。寂しがり屋さんなので、独り言を言ったり質問してきたりするので、たくさん抱きしめて構ってあげてくださいね! お歌が大好き。15曲も童謡を歌います。


音声認識人形『夢色はなこ』ちゃん販売開始!!



笑顔音からのお申し込みで、商品券やプレゼントなどスペシャル特典有り!!
今すぐ笑顔音ブログへ


*笑顔音からのご注文でプレタ介護えぷろん商品券3000円分プレゼント!!




気になった方、ご注文は笑顔音お問い合わせへ
お電話でもお気軽にどうぞ!
072-493-7781

先日の朝のテレビ出演画像はコチラ!
羽鳥さんワイドショー!




介護型ロボットへの考え方

高齢化社会に向け介護をする人、介護をされる人がますます増加する傾向になっています。 身体の介護だけでなく、精神的な介護が必要な方々も多くおられます。
人が24時間精神的な支えを施してあげることは非常に難しく、人手不足な状況が考えられます。 ペットや子供でしか癒すことができない精神的な部分をも、介護型ロボットが手助けをする未来は、すぐ側に来ていると考えています。 ロボットと言っても、決してメカのように業務的で冷淡ではなく、ヒトと変わらない暖かみを最大に再現できる開発が進んでいます。 開発費はまだまだ高額で、身近に利用できる未来はまだ少し遠い将来と考えられます。
はなちゃんは、手軽に肌で感じていただける小さな介護型ロボットとして、法人や団体、個人の方からも気軽に購入していただけるよう、できるだけ開発費を抑えリリースいたしました。 小さなお人形に触れることで心が温まり癒され、楽しい気分で毎日を過ごすことができれば、それだけでしあわせではないでしょうか。高齢者だけでなくお子様がいらっしゃらないご家族や独り暮らしの方々に向けて、はなちゃんの存在が誰かの和む存在になればと願っております。